TOPへ

ブログ

ゾレアについて

ゾレアについて

当院では花粉症の治療としてゾレアを自費診療で導入しています。

150mg(1V)を35000円(税込み)にて提供しています。

重症のスギ花粉症の方は保険適応となりますが、150mgでは量が不足する可能性がありますため、保険診療での治療をご希望の方はアレルギー専門の医院にて治療をお勧めします。

重症の目安は、既存の花粉症の治療を行うものの薬でコントロール困難で効果不十分である場合になります。

 

ゾレアのメカニズムとしては、花粉によってIgEという抗体が形成され、それがマスト細胞に結合することでアレルギー反応が出るわけですが、ゾレアはIgEに結合して、マスト細胞の受容体にIgEが結合するのをブロックすることでアレルギー反応を防ぎます。

 

副作用としては、薬に対するアナフィラキシー反応が起きえることが報告されているくらいで、その他は特に大きなものは報告されていません。

主な副作用は注射部位の反応であり、発赤・かゆみ・腫れ・硬結・痛みなどとなっています。

 

具体的な効果としては花粉症の症状を1回の投与で2週間から1か月程度持続して抑えることができるとのことです。

いわゆる花粉症薬のH2 blocerとは機序が異なるために併用可能です、ゾレアのみで不十分でしたら併用を推奨します。

 

ご利用いただきたい方は、連絡後発注となりますため、お問い合わせください、宜しくお願いします。