TOPへ

当院の内視鏡検査について

当院の内視鏡検査について

内視鏡検査当院では、胃カメラ検査、大腸カメラ検査に対応しております。胃カメラ検査や大腸カメラ検査に苦手意識をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思いますが、内視鏡検査は繰り返し受けることが重要です。
当院では、安心して検査を受けていただけるよう、内視鏡の種類や鎮静剤の使用にこだわり、「正確で苦しくない内視鏡検査」をご提供できるよう尽力しております。

胃・大腸カメラ共に徹底した鎮静剤の調節による苦痛の除去を。必ず眠ったことを確認してから開始するため、鎮静剤を使ったものの眠れなかったり、検査でトラウマを抱えられている方もご安心ください。
胃カメラはスムーズな予約から検査の体制(事前来院不要・当日予約可能)や、AI技術による最新の検査設備。
大腸カメラは日帰りのポリープ切除術(大きいものも対応可)、オンライン診療を用いた来院不要の下剤郵送体制・病理結果説明
胃カメラと大腸カメラは連続して同日に1回で行うことも可能で、約20分程度で検査も終わります。

検査枠は多めにあらゆる時間にも対応可能として設けており、下剤の開始時間が早くても問題なければ午前中の大腸カメラや上下セットも可能としています。
とにかく患者様にとって受診しやすく負担の少ない環境を整えていますためご活用いただければと思います。

当院の内視鏡検査の特徴

経験豊富な内視鏡専門医による検査

専門医当院では日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医がすべての検査を行っております。
内視鏡検査は患者さんが苦しまず、精密かつ迅速に検査するために医師の手腕が求められます。
当院では、患者さんの苦しみを軽減することを最優先に検査を行っており、安全のためにも随時モニターで患者様の全身状態を確認しながら検査を行っています。

鎮静剤を使った苦しくない検査

鎮静剤を使用した内視鏡検査は症状があったときだけではなく、無症状であっても繰り返し受けることが重要です。みなさまに繰り返し定期的に検査を受けていただくために当院では鎮静剤を使用し眠っている状態での検査をお勧めさせていただきます。
院長自身も内視鏡検査に抵抗がありましたが鎮静剤を使っていただき気づいたら終わっていた経験に感銘を受けました。内視鏡検査で苦い思い出をされたことがある皆様に同様の感動を味わっていただけることを目標としています。
一方で患者様によっては検査中に画面が見たい、鎮静剤を軽めにしてほしいなどそれぞれ希望があると思いますため患者様の要望や状態に応じてオンデマンドで対応させていただきたく考えています。

24時間WEB予約可能

24時間WEB予約可能当院ではWEB予約システムを導入しており、24時間いつでも内視鏡検査の予約が可能ですので、検査を希望される際はスムーズに予約を取って頂けます。
なお、大腸カメラ検査は事前診察が必要です。直接ご来院いただける方は検査の前日までに診察予約をお取りください。オンライン診療の方は確実に下剤をお届けするため検査の1週間前までに診察のご予約をお取りください。

胃カメラ検査は事前来院不要

当院は胃カメラ検査の事前来院は不要となっておりますので、直接胃カメラ検査のご予約をお取りいただくことができます。
事前診察のために来院していただく必要がないため、複数回による来院の負担を軽減することができます。お仕事やご家庭の事情で忙しく、来院時間を確保することが難しい方でも安心して受けていただくことができます。また病理結果の説明もオンライン診療での説明が可能ですのでご活用ください。

オンライン診療による大腸カメラの事前診察と下剤の郵送が可能

お忙しい方は大腸カメラの事前診察に来院が難しいと思います。そういった方のために事前診察はオンライン診療が可能で、大腸カメラの前処置の下剤は郵送を行い、来院回数を減らすことができます。
郵送に関しまして、別途着払いにて手数料をいただいています。詳細はオンライン診療のページもご確認ください。

胃カメラと大腸カメラの同日検査

当院では胃カメラと大腸カメラを同日に検査することができます。胃カメラが終わり次第大腸カメラに移行します。胃と大腸を合わせても約20分前後で検査を終えることが可能です。連続の検査は起きたままでは苦しいので鎮静剤の使用をお勧めします。

土曜日と日曜日も検査可能

土曜日は午前・午後、日曜日は第2・第4週の午前中のみ診療を行っています。
平日は忙しくて受診がなかなかできない方も多いと思いますので是非ご活用ください。

午前中の大腸カメラや午後の胃カメラも可能

午前中の検査可能お忙しい方は午前中の大腸カメラや午後の胃カメラをご希望される方も思います。早い時間帯の大腸カメラの場合、下剤の内服開始時間が朝5時からと早くはなってしまいますが、午前も午後もご予約いただけますため、ご活用ください。
胃カメラのみの場合、午後検査の方は朝8:00まで軽食なら可能です。

内視鏡での日帰り手術に対応

大腸ポリープ大腸内視鏡検査の際に小さいポリープはその場で切除が可能です。大腸カメラの特性上小さめのポリープですと再発見が困難なこともあり、また下剤を再度飲むとなると大変ですのでお勧めです。基本的には電気を通さずにポリープを切除しますが、ものによっては電気を通してとる必要があるポリープが存在します。
当院で可能な範囲のものでしたらこちらも日帰り手術が可能ですので是非ご相談下さい。ただし、ポリープの数やサイズによっては出血のリスクがあるため、入院が必要になる場合もあります。その際には、提携している医療機関をご紹介いたします。

患者様に応じた内視鏡スコープの選択

スコープ当院はFUJIFILMのハイビジョンシステムを採用しています。胃カメラも大腸カメラも極細径内視鏡も導入しており、患者様の状態に応じて幅広く対応できる環境を整えています。
大腸カメラでは例えば憩室で慢性的に炎症を起こした結果、腸が硬かったり、手術後の癒着で非常に強い屈曲を形成していることがあり、通常の太さのカメラでは挿入が難しかったり、場合により検査に危険性を伴うことがあります。そういった方も極細径内視鏡であれば対応可能なケースがあります。

炭酸ガス送気

大腸検査の際に以前は一般的に空気が使用されていましたが、空気は排出効率が低く、検査後に膨満感が生じることがありました。
当院では、代わりに炭酸ガスを使用しています。炭酸ガスは空気に比べて吸収率が高く、さらに吸収された炭酸ガスは呼気とともに素早く体外に排出されるため、検査後の膨満感が少なくなっています。このような工夫により、患者様の快適性を向上させています。

内視鏡AI技術の導入

AI技術当院はFUJIFILMのAI技術を導入しています。検査中に画像を解析し、がんの疑いがある部分をリアルタイムにAIが検出してくれる技術で、まさに検査医とAIの2人の目でダブルチェックしている状態となる最新の技術になります。見逃しをより少なくできるよう貢献できると考えています。

内視鏡室に高性能空気清浄機:エアロシステム35Mの導入

エアロシステム当院では、診察室と内視鏡室に毎分35m3の空気清浄能力(一般的な据置型の空気清浄機の約7~10倍)を持つ、本格的な業務用空気清浄装置:エアロシステム35Mを導入しております。高性能な空気清浄能力により、ウイルス・細菌・花粉などを除去して清潔で 安心できるクリーンな環境づくりを行っています。

リカバリースペースの完備

鎮静剤を使用した検査の後は、患者様の安全と快適な回復を促すため、リカバリースペースでのゆっくりとした休息をお取りいただいています。
鎮静剤の影響により、検査中は眠っている状態であり、体調や意識がまだ回復していない場合があります。リカバリースペースでは、看護師が患者様の状態を観察し、安全な回復をサポートします。

東新宿駅・新宿3丁目駅徒歩3-5分で通院に便利な好立地

当院は都営地下鉄大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」より徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目駅」より徒歩5分の立地にございます。
公共交通機関を利用しやすい環境のため、近隣の方だけでなく、沿線や遠方にお住まいの方でも鎮静剤を用いた検査を安心して受けていただくことができます。