TOPへ

ブログ

苦しくない内視鏡検査について

医療コラム

今回初めて医療コラムを書いてみます。

悪魔でコラムですのでエビデンスが高く学術的な話ではなく、院長の経験談からのお話にはなってきます。

初回ですので、まずは苦しくない内視鏡検査とは具体的にどういった感じなのといったところからお伝えしたく思います。

 

まず大前提として、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)は苦しくないわけがないです。

・胃・大腸カメラが苦しい理由

①嘔吐反射がある→異物がのどに入るのを防ぐ生体反応であり、まさにそのあたりをカメラが通るのでもろに刺激され誘発されます。

②空気でおなかが張る→空気を入れて胃や腸を広げるので、おなかが張って気持ち悪いです。

③大腸カメラは痛い→そもそもおしりにいれるときも痔があると痛いし、奥に入るときにいろんな要素でやはり痛い。

 

・具体的な対策法

①嘔吐反射がある

→反射を最小限にするために例えば細いカメラを使って物理的に刺激を誘発する箇所に当たりづらくしたり、なるべく優しい操作をする。かつての指導医の言葉を借りるならまさに胃に気づかれないようにカメラを挿入する。

当院は胃カメラの際は鎮静時でも基本的には細径内視鏡を用いており、患者様の苦痛を可能な限り少なくしています。

スコープ

 

②空気でおなかが張る

→空気がたまり過ぎないように気を付ける。大腸カメラでは二酸化炭素を使ってたまりづらくする。

当院は大腸カメラの際は二酸化炭素を用いて検査を必ず行います。

 

③大腸カメラは痛い

→大腸カメラはなるべく伸ばさないような挿入法をしたり細いカメラを使ったりする。僕の場合は患者さんのおなかを押して曲がり角をカメラに近づけて手前を伸ばさず挿入する手法やとにかくなるべく空気を入れない、検査時は二酸化炭素を使うで対策をしています。

当院は大腸カメラで極細径内視鏡を導入しており、痛みを最小限にしています、このカメラにより挿入不可の症例はほとんどないと考えています。

 

これらにより、患者さんの負担は軽減されます。当院は胃も大腸も細径カメラを導入しており、なるべく負担を最小限にできる環境は整えています。ちなみにたまに画質を気にされる方がいますが、今の細径内視鏡は僕が胃カメラを始めた当時(10年前)の通常径の内視鏡よりもはるかに画質が良くなっており、全く遜色ありません。

しかし、自分もそうでしたが少なからず苦しいものは苦しいですし、できれば受けたくありません。

 

・一番楽なのは眠れること、鎮静剤について

そこで重要なのは鎮静剤の使い方なのですが、これに関してどんなものなの?大丈夫なのと思われるでしょう。

これに関して内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン(2020年9月発行)というものがあり、オンラインでも無料で見ることが出来ます。

【鎮静を行うか否かの判断は,患者側の期待度,費用対効果,施設の状況など様々な要素に影響されるため,一概に結論付けられるものではない。医療者側は,内視鏡前に鎮静の有用性と偶発症について十分に説明し,医療安全を考慮したうえで鎮静使用の有無について患者に選択する機会を与え,その意思決定を尊重することが望ましい。】とあり、【経口的内視鏡の受容性や満足度を改善し,検査・治療成績向上に寄与する、エビデンスレベルA(強い根拠に基づく)】となっています。

つまり鎮静剤は、選択する機会を与えるべきであり、胃カメラに関しては特に満足度改善につながるのはよーくわかっていますよということです。

鎮静剤に関しては呼吸抑制・血圧の低下が主な危険性となります。このため、鎮静剤は勧めなかったり、非常に浅い鎮静でされることもありますが、使う以上は患者さんの期待にそうものでなければなりません。

そのために患者さんの全身状態や基礎疾患などから危険性もお伝えしてしっかり検査中モニタリングをしながら、満足度が高まるような検査を行いましょうとガイドラインに記載されています。

当院は検査中はモニターを導入しており、内視鏡経験の豊富なスタッフを採用しており、緊急時に備えて酸素投与・バックバルブマスク、AED等完備しています。また鎮静剤もガイドラインに記載されているように種類がありますが、2種類採用しており、それらを使い分け豊富な使用経験からしっかり眠ることが出来かつ安全な検査を心掛けています。

また何よりも大事なのは患者様の満足度であり、患者さんにもう終わったのといった僕と同じ経験をしていただけるような鎮静を心掛けます、安全性に配慮し、年齢・疾患に応じて基本の開始量・種類は決めていますが、意識状態をみて、検査前に徐々に薬を追加していき、眠ったのを確認してから検査を始めさせていただきます。検査中も覚醒したら適宜お薬を追加させていただきます。検査中にたたき起こすなど、患者様の睡眠を妨げるような行為は断じて行わないようスタッフ教育もさせていただいています。

 

・まとめ

以上が苦しくない内視鏡検査についてになります。

まとめますと内視鏡の技術・細径内視鏡や二酸化炭素という設備・適切な鎮静剤の使用という3つを全力でということになります。

技術・設備ももちろんですが、鎮静剤を満足いくように使うというのも一つの内視鏡のプロたる診療だと思っています。

かつての師の言葉でどんなプロにも鎮静剤は勝るという言葉があります。ものすごい内視鏡がうまい先生がこれをいうから非常に説得力があり、鮮明に今でも覚えています。

 

↓当院の内視鏡について

https://www.rin-cli.jp/endoscopy/

↓ご予約はこちら

https://patient.digikar-smart.jp/institutions/96395d0c-0afa-477b-9912-e4853afd9871/reserve